ページ制作中

 

 

 

 

 

【第一段階 】青のワーク

オーラシステムの調整、クリアリング、七つのチャクラの浄化と癒し。シャンバラ光線から、マスター・セントジャーメインの青紫色の光線を呼び出し行います。ライトボディの他者のエネルギーを排除し、自身のセンターの機能を守るために静穏・静寂を生み出します。半自動セッション。主に肉体各組織とメンタル体に。レコンセクレーションに続いて、重たい(アストラルな)情報・エネルギー・ブロックをなくして全体を軽くする目的で行われます。

 

【第二段階 】赤のワーク

魂の記憶や遺伝情報、先祖由来のネガテイビテイの整理、人類の集合無意識層との共鳴からやってくる本能レベル、遺伝レベル、転生カルマレベルからの「恐れの解放」。恐れのパターンを外すためにシャンバラ光線から、マスター・サナンダのルビーレッドの光線を呼び出し行います。脳から延髄・脊髄・神経ネットワークを通じて全身の各所に隠れた恐れのパターンに繋がるエネルギーを脳の記憶データとの関連から外す。半自動セッション。個人レベルの恐れのパターンや転生カルマレベルのパターンをすでに外して来た人に、一族の、人類の、などの集合レベルから受け継いでいる恐れのパターンを解放するために行われます。

 

【第三段階 】白のワーク

地球霊ロゴス・ヴァイアマスとガイアとの恒久的な共鳴を可能にする回線システム、受け入れ体制をつくるためにゴーザル体のグリッドに「シャンバラ」エネルギーを電流のように流す。周波数調整。我々のコーザル体はマスクメロンのようなグリッド状であると神智学でも伝えています。さらにアルガンザではそのコーザル体の基本トーンとして全ての地球の魂は地球ロゴス(サナトクマラ/白山姫)の律動をベースに持っていると考えます。それが活性している/いないは、ロゴスに、地球の高次ネットワークにいかに意識とエネルギーをチューニング出来ているかによります。チューニング状態を作り、さらなる上のロゴス存在とリコネクトできるよう準備をします。半自動セッション。