· 

レコンセクレーションのご感想3

 

 

こんにちは、Yewです。

 

先日は、「シンセティック・アクティベーション」ならびに「ガイアコネクションwithヴァイアマス」のモニターセッションへご応募いただきました皆さん、そしてご検討くださった皆様、誠にありがとうございました。

 

私のいつものアンドロ癖での、「誰もこないのでは。。。」という悲観的予想は全く外れて、4名様のご応募をいただきました。ありがたい限りです。

 

この時点で、もしまだご検討中の方がいらっしゃいましたら、あと2名ほど募集しようかな。。。と考えています。

 

なぜなら「6」はヴァイアマスの数字だから、と上から押された気がする。。。もしこれを読んで、手を挙げてくださる方がいましたら、ご連絡くださいませ。(→9月10日のお申し込みまでで締め切ります〜)

 

 

 

さてさて、今日は先日「レコンセクレーション」の遠隔セッションを受けていただいたお客様のご感想を紹介します。お客様、ご快諾いただきましてありがとうございます!

 

 

ちなみに、「レコンセクレーションTM」は2018年にバージョンアップ版を伝授されています。もしそれ以前にどなたからか旧バージョンのレコンを受けたことがある方には、今回のモニタリングワークに付随する限りですが、事前に¥12、000にて、バージョンアップ版のレコンを受けていただけることに致しました。

 

 

今年は変化に富んだ秋がやってきそうです。それに備えて、こちらもぜひご検討くださいませ。

 

 

ではでは、以下がお客様からのご感想になります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シェアメール、拝見しました。

こういったことが起こっていたんだな〜、と驚きました。

 

私はエネルギー的なものは見えない&聞こえない人間なので、

体感として、熱や圧力などで感じるのみなんです。

 

ただ、当日は開始5分前くらいから、

セッションの説明ページを読んでいたら突然涙がこみ上げてきて、

「生まれてきてこの方、ずっと寂しかった」

と、心の底から孤独がぶわっと溢れてきて、

しばらく幼子のように泣きじゃくっていました。

 

同時に、ヒーリングセッションを受けることに対して、

「ずっとこうしたかった」「ずっと待ってた」的な喜びも付随していました。

 

私は幼い頃から「誰も理解してくれない」という感覚が根強くあり、

それが次第に「頑張ってるのに、誰も理解してくれない」的になっていったので、

シェアメールにあった過去生がこれから癒されることに対して、

魂レベルでの喜びになったのかな…?と思いました。

 

セッション中は、

太ももや臀部周辺を中心に、下半身に強いエネルギーを感じることが何度もありましたので、グラウンディングの障害が浄化されたのかな?と思います。

 

またセッション通して、

悲しみや不安がこみ上げて泣きじゃくることが数回ありましたし、

いつも「苦しい」と感じる時、特に胸上部から喉が詰まる感じになるので、

シェアメールを拝見して、

やはりそこに支障があったのだなと腑に落ちています。

 

また、文頭に書いていただいた白いフワフワした生き物は、

神社さんの白狐なのかな?と思い当たりました。

今の住まいは大きな神社のとなりで、

昨年までの住まいも同じ位置関係に小さなお社(多分稲荷社?)があり、

毎朝窓を開けた時などにご挨拶していました。

なんとなく、私は神社との縁が強いのかな?と思っています。

 

諸々、パワフルなセッションと感じております。

本当にありがとうございました。

 

満月が近いせいか、

昨日からデトックスが加速しているようで、

自律不足で家族に当たってしまったり、不満が爆発したりしています。

 

YewさんやAmariさんのブログなど拝見すると、

「自律や自戒、自制は必要なこと」と、

とかく「スピリチュアル=好きに生きる」ブームに流されてしまう中で、

姿勢を正され「しっかりしなさい」と目を覚まされる思いです。

こちらも、ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こちらこそ、ありがとうございました。

 

お客様の、大いなるものへの思慕といいますか、思いに溢れた感性に、こちらも背筋が伸びる思いで読ませていただきました。私たちにできることはただ一つ、高次への信頼を保ち続けることだといいますね。きっとその思いに神界も答えてくれることと思います。

 

この7月後半〜8月の時期は、Albireo周辺では微細な自然界ソウルたちの嘆きが、全体に大きく響き渡っていましたので、その流れの中の一つのセッションだと感じました。

 

その癒しと解放を経て、いよいよ自然霊の王たる「ヴァアイマス」が始動となるのか。。そんな流れの9月です。

 

 

 

P.S.   旧ブログとしていた「めんどりのくちばし」も、Yewの日々の覚書や、自然派な生活のこと、オススメの本やアートのことについてなど綴っていこうと思います。よかったら覗いてみてください。