· 

変容の稲妻

 

 

去年の今頃、もうちょっと秋が深まった頃でしたが、私はとても大きな挫折を味わいました。

 

あまりのショックに、それまで続けていたSNSも辛くなって一切辞めてしまいました。

友人知人の投稿も見ることができないほどに、心の力が弱ってしまったのです。

 

その頃、家族の用事で友人や懐かしい人々の住む土地を訪れましたが、そこでも誰かに会って話す元気は無くなっていました。

 

人はあんまり落ち込むとこうなるのだなぁ。。としみじみ実感し、旅行中は一人自然の中で過ごすことに。

 

通っていたヒーリングスクールのArganzaだけは何としてでも卒業しようと決意して、なんとか最後まで諦めずに通いました。

 

よくあの状態でやり切ったなと、今思い返しても「う〜ん」と不思議に思うほどですが、何事もやろうと決めればなんとかなるもんですね。

 

 

人生には色々な挫折がありましたが、

こんなにショックだったことは、故郷の福島で起きた福一原発事故に次ぐものでした。

 

そして起こったことを掘り下げて分析すると、根本は原発事故と全く同じ構造なのだと気がつきます。

 

上にあるものは下にも。

外にあるものは内にも。

エネルギーの法則とはそういうものなのですね。内側にあるエネルギーが世界に映し出される。

 

体験は繰り返しやってきます。

体験して体験して、私たちはこの三次元という場所を理解する。

 

それは、いつかその法則を抜け出すため。

真の自由=モークシャへと向かう道筋。

 

人生における困難も、そう考えると自分で設定してきたということが理解されます。

 

 

エゴセルフはそれでも抵抗して、変容することを拒みます。その阻止する動きは狡猾でさえある。

 

神なる次元に拓かれててゆくことをどうしても拒む。

エゴも存在意義をかけて必死なのだと思います。

 

そして行きつ戻りつ、喜びも苦しみも納得いくまで体験し尽くしたいのかもしれない。

もういいだろうと心底思えるまで。

 

 

カミナリ水晶にはご縁があるのか、結構大き目のライトニングレムリアンシードというものを持っていますが、今朝はまた一つお迎えする決心がつきました。新たな現実創造のお守りにします。

 

雷とヴァイアマスは関係が深そうで、私も一昨年のジェネシス受講の際は、Arganzaのサロンの天窓のちょうど真上で、稲妻と雷鳴が炸裂していましたし、その後に訪れた出雲大社でも本殿の前でお参りしようとしたら突然の雷雨。

 

その他色々な場面でもピンチを救ってくれたり、鳴り響いてくれた「ライサマ(故郷の方言です^^)」には、どうもご縁があるようだと気がつきました。。

 

 

折しも、先週今週とサロンではヴァイアマス週間でした。

 

今日もまたセッションがありますが、「シンセティック・アクティベーション」ならびに「ガイアコネクションwithヴァイアマス」のモニタリングが続いております。

 

ご参加くださった皆様のご感想が届いていますので、またご紹介したいなと思っています。

 

 

ヴァイアマスのエナジーは、やはり段違いにパワフルて、エナジーを繋いでいる私も変容を余儀なくされています!

 

そして、お客様から届くご感想たちも一様に「変容、決意、転換」の印象。

各ソウルグループに大きな解法を齎しているようですし、それが、大きな流れとも連動しているのをヒーラーとして感じています。

 

また、戦い・事故・争いなど火星、アンタレス的事象にも効果がありそうです。

自然界の王ヴァイアマスも「もうこれ以上争いを続けたら、私の肉体が壊れてしまうではないか〜」と立ち上がったのでしょうか。

 

 

変容の稲妻が、この秋はまだまだ強まっていくのかもしれません。

 

 

ではでは、爽やかな季節がやって来ましたね。

 

昨日はアースワーク日和でしたので、導きを感じて多摩川沿いでエルモリアとワークしていました。インスタの方にその様子をちらっと乗せていますので、良かったら覗いて見て下さい^^

 

 

皆様も穏やかな良い午後をお過ごし下さい。

 

 

Yew