· 

小さき者たち

 

こんにちは

 

先日インスタグラムに「新年早々、訳もなく大きな悲しみに包まれた」、と書きましたが、おかげ様でだいぶ回復してきました。

 

回復といっても、向き合うべき感情の浮上は、決して良からぬことではないのです。

 

インスタにも書いた、若松英輔さんの「悲しみの秘義」というエッセイ集には、「人生には悲しみを通じてしか開かない扉がある」と書かれていました。こんな素敵な言葉に出会うことができたのも、大きな感情に向き合ったからだと考えることもできますね。

 

宮沢賢治はじめ、優れた詩人たちの作品から考察されたエッセイ、深く静かに人生に向き合いたい方にオススメの本でした。

 

 

 

さて、今回私が開いた「扉」は、先日書いた知人の「コア・ビリーフ」のような、自分自身の深い深い部分でした。私にも、どなたにでも、そんな信念やインナーストーリーがいくつもあるものです。

 

普段は気にしないように元気に生きているつもりだけれど、ふとしたシュチュエーションで、押し込めていたストーリーや感情が再生されてしまう。私も実際にそんなことを繰り返していました。よく言われるように、自分の中に映写機とフィルムがあり、外側の世界はスクリーンなのです。

 

 

前の記事に書いたように、年明けから「エヴォリューション」というアルガンザさんのワークを受け始めたのですが、その5日前から原因のない悲しみの浮上や、普段ないような体調の変化が起こり始めました。(インナーチャイルドがらみだと第一、第二チャクラ付近に起こりやすい。)

 

ある日などは、お風呂で子供の頃の記憶がよみがえり、ブワッと泣いてしまったりと感情の事前浄化もあり。。。

 

 

そんなこんなで当日を迎え受けたこのワークのリーディングの中で、あるストーリーが象徴的に浮かび上がりAmariさんに伝えていただいたのですが、これがまさに私が子供の頃から持つ、根深いインナーストーリーの1つだったと感じました。

 

 

「パステルカラーの小人たちの優しい世界を、銅色の大きなニシキヘビがあらわれて、逃げ惑う小人たちごとあっという間に飲み込んでしまう」

 

 

この部分は読んだ時は、実際に本当に恐ろしく感じている自分に気がつきました。

 

 

創造的で罪のない、みんなが仲良し、そんな小さきものたちを、突然現れた黒くて大きなものが、その世界ごとあっという間に飲み込んでしまう。。。

 

実際に「ジェネシス」とは、地球の創造と破壊の歴史とも言えますので、そんなことは実に度々起こっていたでしょうし、私にはそんな精霊・元素霊存在としての中間性(転生と転生の間に経験)が多くあったのだろうと思います。

 

 

そしてその情報のエネルギーが、人間として生まれた今も、物質的な重みを持って再生され、そういう状況や土地、家系、人間関係に引き寄せられたり、あるいは作り出したりしていた。

 

 

なので、「訴えても聞いてもらえない」、「理解してもらえない」という状況が起こると、その先の破壊の絶望にまで膨らんでしまい、エネルギーががくんと落ちてしまう。

 

すると、どうしてもやる気が出ない、何をしてもどうせ。。。と心が闇に覆われるような不安に襲われる。

 

 

このことから、反作用的に「理解されること」が=「安全」という観念になっていたことにも気がつきました。これでは近しい人々に無意識に「理解」を強要してしまうことにもつながるよなぁ。。。という気づきも。

 

 

また、今回Arganzaさんに依頼して良かったなと思う点は、この「やがて黒い大きなものに飲み込まれる」という感覚については以前から自分でも気づいていたのですが、

 

自分に「小さきものたちの世界の一部だ」というアイデンティティーがあるということは、他人にお願いしなければ気がつかなかった、と思うところでした。

 

人間は複雑なので、自己の一つの面が見えていても、自分には見えない一面もある。エネルギーでもまた然りですね。時には馴染みすぎていて気にも留めなくなっていたりもするので、わかっているようで一番わからないのが自分というものですね。

 

 

でも言われてみれば、確かにその小人や精霊、元素霊たちの一部であるというアイデンティティが、私にはあるような気がします。

 

人間を生きる今も、弱く小さな罪なきものであるという自己認識や、揺蕩うようなあり方、そんな色彩を心地よく思う自分がいます。そのため、これまでこの3次元では、生き方も何となくフワフワと頼りなく、社会に上手くフィットしないものだったのだろうとも。

 

そして確かに私の描く絵は、昔から抽象的で、そんな元素の世界を表しているようにも思えてきます。これはその一面の良い活用法と思っています。

 

 

そんな元素霊や小人たちの世界の傷(魂レベルのインナーチャイルド)が、また一つ、その鋳型ごと高次に癒され解放された今回。

 

なので私の中にはもう、その破壊のフィルムは存在しない。

だからもうそんな破壊は起こらない。

 

理解されなくて悲しくても、聞いてもらえなくて悔しくても、もう絶望までする必要はない。

また破壊が起きてしまうという不安や恐れで生きなくてもいい。

 

私の中の小さき者たちは、他の側面とともに私のパーソナリティに統合されて、逞しく現実を生き延び、元気に創造を続けるだろう。

 

そんな風に自分を芯から変えてゆくことができそうな、2020年の始まりです。

 

 

 

この「エヴォリューション」のセッションは、実はまだあと4回ほど続きます。エヴォリューションとは「進化」のこと。この先私がどんな風に進化するのか、ここへ綴って行こうと思います。

 

また、今後この伝授を受けて、Albireoでのセッションも視野に入れておりますので、私の経験がどなたかのご参考になればと思います。

 

「エボリューション」は、Arganzaワーク群の中でも特に、インナーチャイルドの傷が深い人や、内面の縛りが強い人に有効なワークと聞いていましたが、確かに受けてみて実感が出ました。根源的な深い部分からごそっと癒された感じです。

 

気になる方は、ぜひ読んで検討してみて下さいね。

 

 

by Yew