· 

ヴェガの太陽/マヌ・文明の主

 

東京も寒さが本格化してまいりましたね。

 

先日ArganzaのAmariさんがブログに新ワーク「ヴェガの太陽」について書いてくださいました。

 

ヴェガの太陽・新ワーク&ジェネシス近況

こちらの記事になりますので、宇宙エネルギーなどにご興味かたはぜひお読みになってみてください^^

 

 

年末、Amariさん 新潟でご活動されている「Arcpurity」のAlphさんと共に受け取ることになった琴座の恒星ヴェガの光線。

本当に波長が高く、地上のあらゆるネガティビティによく効く素晴らしい光線だと思います。

 

ただいまAlphさんと共にワーク化の試運転中ですが、現時点での私の方からもわかっていることを少しづつ書き留めておきたいと思います。

 

 

まず、その流れがやってきたのは、「乳海攪拌」の最後「マリア」のセッションでした。

 

そのセッションに入ると出てきたのが、アトランティスのいつかの時代。

 

アトランティスは、アトラハシスとも呼ばれ、二つの大きな国、地方に別れていた。

一つは「アトラス」もう一つは「ハシス」。二つの国は現在でいう西洋と東洋のように、対局的な思想や信仰を持っていたという。

 

私のソウルはその「ハシス」の守護者という立場であったとのこと。

 

「ハシス」は女性的、自然界的文明、レムリアの流れを引くソフィア信仰を持ち、調和を重んじていた。

 

一方の「アトラス」は、男性的な文明、戦いによって勝ち進むことを良しとする軍国。

 

 

初めは協定を結んでいた両国も、次第に争いが始まり。。。

 

「ハシス」の聖都が、「アトラス」軍によって攻撃を受け、冷たく焼き尽されてしまった。。。というお話でした。

 

街のその様子を見たときの衝撃・悲しみが私のソウルに刻まれている、とのことでした。

 

 

それはソウルグループの記憶なのですが、その守護者たちというのが、神智学で「マヌ」または「文明の主」とも呼ばれる存在。

 

金星から飛来したシャンバラの人々(シリウスA)とは別の、この星を見守る守護者たちがいたのです。

 

その人々は、どうやら水星やアルクトゥルスとも関係がある。

私には、このコネクションがずっと前からあったことにも気がつかされました。かなり前から瞑想に現れていた長老的存在が,この「マヌ」であったことがわかったのです。

 

このあたりから、マヌ、ラジエル、エルモリア、水星、アルカイ、シリウスB、そしてヴェガ。。。この辺りがつながりを見せはじめました。

 

 

その「マヌ」たちが使っていた光線の一つが、この恒星「ヴェガ」とのこと。

 

その記憶の解放とリコネクションと、この度の高次によるヴェガ光線の解禁は、無関係とは思えないタイミングとなりました。

 

しかし、それがこれまで秘されていたのにも訳があり。。。その理由に迫る悲しみの解放を、年明けから激しく体験したYewなのでした。。。

 

それは次回記事に続きます。

 

つづく